シンプルにいきたい

どうやったらシンプルでミニマムな暮らしができるだろう?

夕食頑張るのやめました

まお料理は嫌いです。

上手じゃないから好きじゃない、という方が近いでしょうか。

 

レシピを見ないで作れるレパートリーなんて数えるほどしかないので

基本的にはCOOKPAD様頼りです。

(えぇ、有料会員ですよ。笑 ←友達にそれを言うと「?!初めて有料会員に会った!」と言われます。)

 

お料理が苦手な人は有料会員おすすめですけどね・・・

やっぱり1位になるものは工程も材料も割とシンプルで作りやすいです。

大量のレシピの中から自分が作れそうなものを探すって

すごく大変だけど、ドドン!と一発で1位のレシピが出てくれるので

まずはそこをチェックして作るか作らないかを判断してます。

 

 

下手くそなりに一応こだわりがあって、娘に好き嫌いをさせたくないので

・家族の好き嫌いは一切考慮しない

・野菜多め

これだけは私の中で結構譲れないポイントで。

 

小さいころから好き嫌いをしないように、大人も残すことは絶対しないし

私自身が嫌いだったゴマや豆腐はかなりの頻度で食卓に並びます。

娘にも色々試行錯誤しながら色々な食材を食べさせてきました。

 

その甲斐あってか納豆以外は基本的になんでも食べます。

(納豆は離乳食の時にお湯をかけた匂いに私が負け、そこから遠のいたら食べれなくなってました。私が大好きなだけにこれは痛恨のミス!)

 

そして我が家には糖尿病の父も同居だし

私たち夫婦もここ数年で立派なメタボになっているし・・・

 

 

そんなこともあってなるべく食材も安全なモノ、野菜多め、同じメニューは頻繁に作らない、魚も(お財布次第では)何度も登場したい、一汁三菜、「まごわやさしい」と色々欲張って頑張ってきました。

 

 

 

でもそれは私にとって「とても頑張っている」こと。

それを毎日続けるのは結構なストレスがありました。

 

作っている最中に娘からの「一緒に遊ぼう」コールや夕方からいきなり公園に行きたいと言われて体力を消耗してしまったり、主人が突然「夕飯食べてくる」と言ったり、娘が気分で「もう食べれない」と言ったり。

 

自分が勝手に頑張ってることだけど、私としては家族のためにやっているので

「こんなに頑張ってるんだから、もっと感謝してよ!」と心のどこかで密かに

思うようになっていたと思います。

 

 

 

 

でも、それっておかしいよね?と。

何かの本だったか、誰かのブログだったかで「作り手の気持ち(感情)が料理には影響する」と読み、私の作ったご飯って実は美味しくなかったかも・・・と思いました。

 

だったら無理するのをやめちゃえばいいんだ!!

 

1週間おきに同じメニューが出てきたっていいじゃないか!

汁ものなくたっていいじゃないか!

1日30品目摂らなくたっていいじゃないか!

「まごわやさしい」なんて無理だ!

 

 

そう思って作ったらとても気が楽になりました。

f:id:Memesan:20160712233214j:plain

 撮った向きがおかしくてバランスがおかしな写真になってますね・・・

 

炊飯器で炊いたカレーピラフ

お湯を注いだだけのスープ

キャベツとゆで卵のサラダ

即席浅漬け

 

以前だったら考えられません。。。

漬物は一品としてカウントしなかったし、このピラフ自体美味しいけど

かなりの手抜きメニューなのにスープまで手を抜いてしまっている。

 

でもね、実際家族はこれを出したからって文句なんて言わないんです。

キュウリはあまり好きではない娘ですが、自宅のグリーンカーテンで採れた

キュウリなので進んで食べていました。

 

ふむ。

ならば、無理してイライラしながら頑張る必要はないな、と思ったのです。

 

 

毎日イライラして怒ってばかりいたので、怒るのが当たり前になっていたように思います。

自分で自分の仕事を増やさずに、多少の手抜きをしつつ、心穏やかに過ごせるような

仕組みを作っていけたらと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村